伊藤覚留帳

伊藤のブログ謙メモ帳です。

Blenderの操作応用編

前の基本編には集録しなかったけど覚えといたほうが便利そうなところまとめ。まだまだいっぱいあるんですけど使いそうなところを。
今回もBlenderでMMDモデルを作ることを前提として説明しています。

メッシュの編集

メッシュメニューにショートカットでアクセスする

頂点(Vertaices)の何かの編集をしたいとき

  • 「Ctrl」+「V」

辺(Edge)の何かの編集をしたいとき

  • 「Ctrl」+「E」

面(Face)の何かの編集をしたいとき

  • 「Ctrl」+「F」

f:id:ito144:20170624075547j:plain

頂点の統合

  • 「Alt」+「M」
  • 「Ctrl」+「V」→「統合」

f:id:ito144:20170624103234g:plain

ポップアップから統合方法を選んでください。

くしゃっとする

f:id:ito144:20170624071210j:plain

  • エディットモードで変化させたい頂点を選択
  • ツールシェルフ>メッシュツール>ランダム化ボタンを押す①
  • 良い感じになるまで②にある項目の数値を変更する

ノイズを付けられます。
細分化(W)した直後も②に設定がでるのでそこから調整することが多いです。

法線方向に拡大

  • ショートカット「Alt」+「S」

f:id:ito144:20170624062035g:plain

洋服とか手袋とかちょっと拡大したい時とかに使う。

球へ変形

  • メッシュ>トランスフォーム>球へ変形

f:id:ito144:20170625005944g:plain

反転

  • メッシュ>ミラー>目的の軸で

f:id:ito144:20170625011032j:plain

頂点スムーズ

  • 「Ctrl」+「E」→「頂点スムーズ」
  • ツールシェルフ>ツール>メッシュツール>変形>頂点スムーズ

f:id:ito144:20170625011829g:plain

ラプラシアンスムーズ

  • スペシャル(W)→「ラプラシアンスムーズ」

f:id:ito144:20170625012147g:plain

頂点スムーズより元の形を保ちながらスムーズしてくれるような気がする。

重複頂点を削除

  • ツールシェルフ>ツール>メッシュツール>削除>重複頂点を削除①
  • 「Ctrl」+「V」→「重複頂点を削除」②

f:id:ito144:20170624221850j:plain

重複頂点を自動で統合

f:id:ito144:20170624220209j:plain

下の①のボタンを有効にするとできます。メッシュツールパネル②から有効範囲の設定。
思わぬ事故が起きないように気をつけてください。

三角面を四角面に

  • 「Ctrl」+「F」→「三角面を四角面に」

四角面から三角面も近くにある。メッシュツール パネルで微調整ができます。

f:id:ito144:20170624094502j:plain

面を最適化

  • 「Ctrl」+「F」→「面を最適化」

テキストオブジェクトからメッシュに変換した時とか面がぐちゃぐちゃになってるのを良い感じにしてくれます。

f:id:ito144:20170624094606j:plain

テキストオブジェクトのメッシュ化のときぐらいしか使ったことない。

個々に押し出し

  • 「Alt」+「E」
  • ツールシェルフ>ツール>メッシュツール>追加>押し出し

f:id:ito144:20170625021314g:plain

面の差し込み

  • 「I」
  • 「Ctrl」+「F」→「面の差し込む」
  • ツールシェルフ>オプション>メッシュオプション>追加>面の差し込む

f:id:ito144:20170625021923g:plain

オプションから細かい設定を調整することができます。

辺に沿って均一に移動

  • 「G」を二回→「E」

f:id:ito144:20170625025947g:plain

普通の辺スライドだと、左右の辺の形状に合わせて変化して動くのですが、どちらかの辺の形に固定して動かすことができます。
「G」を二回→「E」→「F」とさらにFを押すことによって参考にする辺をを反対側にすることができますが、Eを押した時に近い方の辺を参考にするので近づけてからE押したほうがややこしくないかも。

辺の分離

  • 「Ctrl」+「E」→「辺の分離」
  • メッシュ>辺>辺のクリース>辺の分離

f:id:ito144:20170625030852g:plain

辺ループのブリッジ

  • 「Ctrl」+「E」→「辺ループのブリッジ」

f:id:ito144:20170624093035g:plain

腕と手首をつなげたりとかする時に便利。ブリッジは頂点の数があってなくてもOKです。

グリッドフィル

  • 「Ctrl」+「F」→「グリッドフィル」

f:id:ito144:20170624102816g:plain

頂点の数を合わせないといけないのでなかなか使いどころが難しいかもしれない。

辺のクリース

  • 「Ctrl」+「E」→「辺のクリース」
  • メッシュ>辺>辺のクリース

f:id:ito144:20170625023642g:plain

細分化モデファイアを使って状態で丸っこくなった辺をちょっとだけ鋭くすることができる。

面の反転

  • 「Ctrl」+「E」→「面の反転」
  • メッシュ>面>面の反転

面の向きを外側に揃える

  • 「Ctrl」+「E」→「法線の再計算」
  • メッシュ>面>法線の再計算

f:id:ito144:20170625032434g:plain

なんかのはずみで一部の面がひっくり返っちゃったとき、外側に揃えてくれる。

期待したとおり動いてくれない場合は1つずつ反転させていきます。つらい。

メッシュの分割

ベベル

  • 「Ctrl」+「B」
  • 「Ctrl」+「E」→「ベベル」
  • メッシュ>辺>ベベル

f:id:ito144:20170625033548g:plain

オプションから細かい設定を調整。ベベルモディファイアでも同じようなことが出来ます。

ステージを作る時に使うことが多いけど、人体モデルでもたまに使う。使いこなせると強い。

細分化

  • 「W」スペシャル→「細分化」
  • ツールシェルフ>オプション>メッシュオプション>追加>細分化
  • メッシュ>辺>細分化

f:id:ito144:20170625041817g:plain

面を細分化することもあるけど、辺の頂点を増やしたい時に使うことが多いかな?

頂点の経路を連結

  • ショートカット「J」
  • 「Ctrl」+「V」→「頂点の経路を連結」
  • メッシュ>頂点>頂点の経路を連結

f:id:ito144:20170625042643g:plain

選択頂点を辺で結びます。面も分割してくれます。

複製

リンク複製

  • 「Shift」+「D」

f:id:ito144:20170629082827g:plain

別々のオブジェクトなるけど、編集した頂点は複製されたオブジェクトにも反映されます。

f:id:ito144:20170629083620j:plain

リンクの解除は上の画像参照。

分離

切り裂き

  • ショートカット「V」
  • メッシュ>頂点>切り裂き

f:id:ito144:20170625043351g:plain

面選択だけのモードだと切り裂きできないので気をつけてください。

好みの問題だけど、辺の分離より切り裂きの方が使いやすいかな?

切り裂きフィル

  • ショートカット「Alt」+「V」
  • メッシュ>頂点>切り裂きフィル

穴があかずに面でつながってくれます。

別オブジェクトに分離

f:id:ito144:20170625045359g:plain

  • ショートカット「P」
  • 「Ctrl」+「V」→「別オブジェクトに分離」
  • メッシュ>頂点>別オブジェクトに分離

ミラー編集

Xミラー

f:id:ito144:20170625003516j:plain

  • ツールシェルフ>オプション>メッシュオプション>Xミラーにチェック

X対象の頂点がある場合。ポリが実際にあるので仕上げとかテクスチャを展開するときとかに便利。

ミラーモデファイア

f:id:ito144:20170625004043j:plain

どちらかというと、作業中はXミラーよりミラーモデファイア使ったほうが安全です。

クリーンアップ

その名の通りクリーンアップ。
編集モードで、下のメニューのメッシュ>クリーンアップから選択することができます。

孤立を削除(はぐれ頂点を削除)

f:id:ito144:20170624072714j:plain

  • 頂点を全選択「A」>メニュー>メッシュ>クリーンアップ>孤立を削除①

面を形成してない頂点や辺を探して削除してくれます。PMXエディタでも削除してくれるけど、エクスポートが不安定になることがあるのでBlenderで見つけたい時はこれ。

非平面を分割

  • 頂点を全選択「A」>メニュー>メッシュ>クリーンアップ>非平面を分割

メッシュツール パネルで微調整が可能。指定角度を越えて曲げられた平らでない面があると面を分割してくれます。
それ無理があるって!という具合にヒネリのきいた四角面を形成してるところを見つけて割ってくれる。

選択

選択範囲の反転

  • 「Ctrl」+「I」

選択範囲の拡大縮小

  • 拡大:「Ctrl」+「Num+」、縮小:「Ctrl」+「Num-」

f:id:ito144:20170629070830g:plain

ミラー

  • 編集モード>選択>ミラー

f:id:ito144:20170629072510g:plain

鏡映位置にある要素を選びます。もともと選んでた要素は解除される。

リンク

  • 「Ctrl」+「L」

f:id:ito144:20170629073234g:plain

繋がっている頂点をすべて選択してくれます。

経路選択

  • 辺・面編集モード→右クリックで選択→「Ctrl」+右クリック

f:id:ito144:20170629075935g:plain

ランダム

  • 選択>ランダム

f:id:ito144:20170629073517g:plain

チェッカー選択解除

  • 選択>チェッカー選択解除

内側領域のループを選択

  • ループ辺を選択→選択>チェッカー選択解除

f:id:ito144:20170629080756g:plain

ループ閉じてないと思ったように動いてくれません。

リング辺

f:id:ito144:20170629081324g:plain

  • 辺編集モード→「Alt」+「Ctrl」+「右クリック」
  • 選択>リング辺

リング辺を選択したい時はいつものループ辺に「Ctrl」を加えると選択できます。

終わり

まだまだ機能あるんですけど、使いそうなところをピックアップしてみました。私の好みです。
全部覚えてなくても力技でなんとかなると思います。

私は4割ショートカット覚えてる、3割メニューから操作、3割そういやそんな機能あったっけかなぐらい


また思い出したら追加していきます。