読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊藤覚留帳

伊藤のブログ謙メモ帳です。

AEのパペットで髪揺れを作った場合のフレームは間引いた方がいい?

手描き動画等でAftereffectのパペットツールで髪の毛を動かした場合、どれぐらいのフレーム数で動かすのが一番自然に見えるか実験。
コンポジションの中にコンポジションを入れて、子コンポジションのフレーム数を変えてみます。 目も動いてますが、こちらはフレーム数を変えていません。
コンポジションは24fpsです。

140418_24

24fps。 ぬるぬる。

140418_8

8fps。 さっきよりはちょっとカクカク?

140418_6

6fps。 あ、よく見る感じの雰囲気になってきましたね。

140418_4

4fps。 ここまで間引いてしまうとカクつきが目立ちますかね。

一番上のぬるぬるしたのも嫌いじゃないのですが、今回のような荒っぽい髪の動きをするシーンだと6fpsぐらいにしてやったほうが良いかもしれない。
良いかもしれないが、おおざっぱな私には大して違いはないような気がしている。

結論

  1. AEのパペットで髪揺れを作った場合のフレームは間引いた方がいい?
  2. 時と場合と好みによりけり。

コンポジションのフレーム数について

デフォルトの設定だと子コンポジションのフレーム数を変えても、親コンポジションのフレーム数に統一されてしまいます。

140418

今回は子コンポジションコンポジション設定>高度にある「ネスト時またはレンダーキューでフレームレートを保持」にチェック。

広告を非表示にする