伊藤覚留帳

伊藤のブログ謙メモ帳です。

MMDモデル:青ざめモーフを作る

pmxエディタで青ざめモーフを作る手順覚え留め。

使用ツール

  • pmxエディタ
  • どるる式UVエディタ プラグイン


青ざめモーフを作る

青の透過グラデーションがあるテクスチャを用意しておきます

顔の材質を複製

f:id:ito144:20171113223745j:plain

顔の材質を選択して右クリックから材質パーツの複製>頂点・面を複製を選択します。

余分なところを削除する

f:id:ito144:20171113224447j:plain

青ざめモーフに必要なさそうなところの頂点を削除します。
ローポリだしめんどくさいという人は飛ばしてもいいかも。

材質を調整する

青の透過グラデテクスチャが顔のテクスチャと違う画像の場合はテクスチャを変更しておきます。
あとはエッジとかtoonとかがいらないので消しておく。

UVを展開し直す

f:id:ito144:20171113225051j:plain

適当な場所にUVを置いてるので見づらくて申し訳ないのですが、上のようなままだとグラデが上手く入らないことがあるので、青ざめ用にUVを展開し直します。

  • でこの材質を真正面の視点にむける。だいたい正面な感じでいいです。

f:id:ito144:20171113225710j:plain

  • 頂点を全選択してから編集>選択頂点>視点方向からの特殊UVマッピングを選択→「はい」

f:id:ito144:20171113225906j:plain

これでグラデーションがキレイに入る形でUVが展開されました。

f:id:ito144:20171113230152j:plain

UVエディタ プラグインを起動する

さっきからちらちら見えてるけどプラグインを使います。

f:id:ito144:20171113230652j:plain

プラグインを起動したら材質から編集したいUVがある材質を選びます。
さっき複製したでこの材質の名前を「青ざめ」にしておいたので青ざめ材質を選択。

UVを編集する

あとは移動や拡大縮小を使って良い感じに調節していきます。視点方向にUVを展開し直したので回転は使わなくていいはず。
「本体へモデル送信」ボタンを押すとプレビューが更新され適用されます。

UVモーフを追加する

  • まずは先程のようにUVをモーフで動かしたい形に編集
  • パネルからUVモーフパネルを選択①
  • パラメーターを入力②
  • 反映を押す③
  • 下の新規作成を押すとUVモーフが追加されます

f:id:ito144:20171113233101j:plain

終わり

こんな感じで青ざめモーフ作ってます。
ただこれだと眉やアイラインの下のみ青くなるので、黒系の色味の子は良いんですけど、明るい色の眉のキャラとかはちょい浮くかもしれない。

今思ったけど、眉・アイラインの材質も一緒にUVモーフにしてしまえばOKなのか?

f:id:ito144:20171113234355j:plain

上手く髪の毛で誤魔化せそうならでこあたりを覆う形で青ざめ用の材質作ってしまったほうが頂点節約できるし良いかもしれない。
デメリットとしては輪郭線が出ない。前髪が長いキャラでないと誤魔化せないなどがあります。頂点モーフにして頭のなかに収納する形にしないとDOFとかの判定にひっかかるかも。